Premiere ProでTeal & Orangeのカラーグレーディングの方法を解説

こんにちは、オーナーのTaichiです。

今回はPremiere Proで行うTeal & Orangeのカラーグレーディングの方法をご紹介しようと思います。Teal & Orangeのカラーの表現は映画などでは良く拝見される色味なのですが、最近ではYou Tube等でもシネマティックな雰囲気のコンテンツ等でもよく拝見されるようになってきました。
ただこのTeal & Orangeは「かっこいいから」とか「トレンド」だから良くやる色味というわけではなく、この色味が使われるしっかりした理由(カラーサイエンス)が存在しているんですね。

ということで、詳しくは解説動画も記事下に貼ってありますので、ぜひそちらもご覧いただければと思います。

Teal と Orangeの色について

まずはこちらの画像を見ていただきたいのですが、

画像のカラーホイールの右上に伸びている方の色はオレンジ(だいぶ広域ですが)を示しており、それと対に伸びている方の色はティールを示しています。 このカラーホイールからもわかる通り、Teal & Orangeのカラーは補色の関係にある組み合わせということなのです。

補色の関係ってどういうこと?

補色の組み合わせはデザインなどでも良く使われており、特定のターゲットカラーを目立たせたい時に、それの補色になるカラーを周りに使うことで、ターゲットカラーをより一層際立たせることができるのです。
参考にこちらの画像をご覧ください

Transformers

映画「Transformers」のワンカットですが、コンテンツ中にはたくさんのTeal & Orangeが表現されております。 この画像からもわかる通り、人物のスキントーン(オレンジ)が補色の背景ティールと組み合わさることで一層際立って見えます。

もちろんスキントーンを際立たせる為以外にも、様々な意図によってこの配色になっているのかと思いますが、クールな印象で、かつスキントーンもしっかり見せられるというメジャーな表現かと思います。

他の補色の関係の表現サンプル

例えばこちらはHondaのN-OneのCMです。

赤い色味がグッと引き立って可愛さが倍増ですね!これらのカットをカラーホイールで見てみましょう。まずは映像の車と背景の色味をスポイトして…

するとこんな感じになりました。

はい、どうでしょう!?もちろん上記は正確な色を拾ったわけではないですが、概ね補色関係にあることが明らかにわかりますよね!背景の色の雰囲気を深めの緑にすることで、赤いN-Oneがとてもくっきり目立って印象付けられるということなんです。

実際に映像で確認したい方は下記リンクに飛んでいただいて、関連動画-N-ONE WEBMOVIE「ORIGINAL」篇をご覧ください。

https://www.honda.co.jp/N-ONE/

Honda公式ホームページ

こちらはHonda N-ONEの公式情報ページです。最新のWEBカタログで、スタイリングやインテリア、荷室をはじめとする…

ということで、この表現の作り方をPremiere Proを使って動画で解説しようと思います!Premiere Proでのカラー作業は正直結構難しい部分はありますので、もっとどんどん追及したい場合はDaVinci Resolveの方がおすすめだったりもします…。(じゃあなんで今回Premiereなん!?ってつっこみは置いといて…)

以下のPremiere Proでの編集解説は会員限定コンテンツとさせていただいております。
ご了承の程よろしくお願いいたします。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
>CE GARAGE

CE GARAGE

Cross Effectsが運営する初学者向けの会員制ビデオグラファーコミュニティ。 撮影や編集などの情報やノウハウだけではなく、経験談に基づいた様々なアドバイスなどを広く提供しております。 オンラインで広く浅くつながるだけではなく、カメラや映像制作を通じたリアルな仲間を作ることを目指したコミュニティです。

CTR IMG