Premiere ProでTeal & Orangeのカラーグレーディングの方法を解説

こんにちは、ガレージオーナーのTaichiです。
今回はPremiere Proで行うTeal & Orangeのカラーグレーディングの方法のご紹介です。Teal & Orangeのカラーの表現は映画などでは良く拝見される色味なのですが、最近ではYou Tube等でもシネマティックな雰囲気のVlogなどのコンテンツでもよく拝見されるようになってきました。
ただ、このTeal & Orangeは「かっこいいから」とか「トレンド」だから良くやる色味というわけではなく、この色味が使われるしっかりした理由が存在しているんですね。
詳しくはページ下にある解説動画を視聴していただければと思うのですが、簡単に説明するとTealとOrangeは補色の関係にある色味ということです。

Teal と Orangeの色について

まずはこちらの画像を見ていただきたいのですが、

画像のカラーホイールの右上に伸びている方の色はオレンジ(だいぶ広域ですが)を示しており、それと対に伸びている方の色はティールを示しています。 このカラーホイールからもわかる通り、Teal & Orangeのカラーは補色の関係にある組み合わせということなのです。

補色の関係だと何なのか?

補色の組み合わせはデザインなどでも良く使われており、特定のターゲットカラーを目立たせたい時に、それの補色になるカラーを周りに使うことで、ターゲットカラーをより一層際立たせることができるのです。
参考にこちらの画像をご覧ください

Transformers

映画「Transformers」のワンカットですが、コンテンツ中にはたくさんのTeal & Orangeの加工が施されております。 この画像からもわかる通り、人物のスキントーン(オレンジ)が補色の背景ティールと組み合わさることで一層際立って見えます。
もちろんスキントーンを際立たせる為だけにこのカラー配色を用いているわけではないかと思いますが、クールな印象で、かつスキントーンもしっかり見せられるという観点から、よく使われているカラーの表現手法となっております。
ということで、この表現の作り方をPremiere Proを使って動画で解説しようと思います!
Premiereでのカラー補整は正直結構難しい(あまり融通が利かない)ので、カラーに関してどんどん追及したい場合はDavinci Resolveの方がおすすめだったりもします…。
Premiere Proでの編集解説は会員限定コンテンツとさせていただいております。
ご了承の程よろしくお願いいたします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP