ポートフォリオは作品集じゃない!お仕事に繋がる最強ポートフォリオの考え方とは!?

みなさんこんにちは、CE Garage OwnerのTaichiです。 みなさんはポートフォリオって準備されていますか?? ポートフォリオを作ろうと思ってるんですけど、どんなものを作ったらいいかわからないというご相談をよく受けますので、今回は自分なりのポートフォリオの意味と活用法についてBlogでご紹介してみようと思います。

ポートフォリオって一体何ですか??

ポートフォリオ(Portfolio)とは、イタリア語のPortafoglio(ポルタフォリオ)という言葉が語源になっているようです。またPortafoglioには「札入れの財布」という意味もあるようで、「Porta」は英語のPortableという意味合いに通じているそうな…。 この言葉が語源となって、様々な業界で使われている言葉となっているわけですが、概ね私たちが身を置いているクリエイティブ業界では
「作品集」
という認識で捉えていることが多いのではないでしょうか。
(ちなみに金融業界でポートフォリオというと、株式や債権・不動産など、保有している商品の組み合わせなどのことを指しますよね。)
大体どのサイトを見ても「作品集や実績集」などといったニュアンスで表記されているかと思います。 これは確かにPorfolioという単語の意味を拾った場合は作品集などという訳で正しいかと思いますが、実際に活用までを考えた場合、この意味や翻訳だとポートフォリオの効果を発揮しにくい部分ってあるんですね。 それについて個人的な見解を下記にご紹介して行きます。

Portfolioの本当の(裏の)意味とはなんだろうか?

先日このようなツイートをしました。(○○さん風)


上のツイートに書いている通り、ポートフォリオを自己紹介動画や実績集として考えている場合、もしかすると相当な可能性やチャンスを逃しているかもしれないよ!というような内容を書かせていただきました。
まずはじめにポートフォリオがなぜ必要なのかを考えてみましょう。

Portfolioが必要な時とは?

まずパッと思いつくのは当然、新しいお仕事やプロジェクトを依頼できるか判断してもらう時ではないでしょうか? SNSやオフラインなどでお仕事の依頼を見かけた時に、自分はこういうものができます、または作ってきましたという意味で過去の作品集を依頼主にお見せして、お仕事を依頼するのに問題ない人かどうかを判断してもらうのに使いますよね?
あれ??じゃあポートフォリオは「過去作品集」という認識でいいんじゃないですか?
って思ったかと思います。もちろん不正解ではないです!!ただあくまで私はその認識だとちょっと弱いかなと思っているということです!
なぜなら、この従来の考え方、やり方では正直お仕事をお受けできるかどうかは全くわからないからです。
(例えばよっぽどすごい作品集で、そうそうたるクライアントの依頼をこなしてきたような一級レベルのクリエイターならまだしも…。)

過去作品集という考え方ではダメな理由

従来の過去作品集という考えだとダメ(弱い)理由。それはあまりにも受け身すぎるという点です。
よく考えてみましょう。 クライアントが依頼をしてくるには必ず何かの依頼目的が存在します。 それに対して、あなたは「これが私の過去の作品集です」と提示します。 そこで果たしてクライアントはどのように考えるでしょうか??
おそらく、「とても素晴らしい!あなたというクリエイターはスキルや人柄、責任感共にとても安心できる人だ!!」 と思ってくれるかもしれません!!

ん??じゃあいいじゃないですか!?(くどい…)

いえいえ、これでは弱すぎなんです。 なぜなら、あなたは確かに素晴らしいクリエイターであることは「過去作品集」という意味のポートフォリオから伝わりました。
ではこの作品集から、あなたが今回の依頼の目的や課題に対してどのように解決できるか想像ができるでしょうか??

….. ??

って感じですよね??

大丈夫です!

ここから深堀してしっかりお伝えしていきます!!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP